特集展示 良弁僧正

令和4年11月16日(水)〜12月22日(木)

 来年、令和5年(2023)は開山良弁僧正の1250年御遠忌の年にあたり、御遠忌法要および関連事業として声明公演等の開催を予定しております。

 良弁僧正(669~773)は、聖武天皇を支えて東大寺の創建に尽力し、初代別当(寺務統括者)になったと伝えられる僧侶です。12月16日の良弁忌に合わせて良弁僧正にゆかりの品の一端をご紹介いたします。「新造屋東西蔵諸道具目録」は今回初出陳です。この目録には良弁僧正が使用していたと伝えられる道具類が書き上げられており、今回はこの中から良弁僧正ゆかりの経典類をご覧いただきます。
 なお、11月19日(土)、20日(日)にはザ・グレイトブッダ・シンポジウム「良弁僧正—伝承と実像の間—」を開催します。【シンポジウムは終了しました】



〈主な展示品〉

・四聖御影 1幅 紙本著色 江戸時代(18世紀)

・大方広仏華厳経巻第60 1帖 白紙金泥 韓国・高麗時代 至正8年(1348)

・顕無辺仏土功徳経経釈 1巻 紙本墨書 室町時代・応永3年(1396)

・東大寺別当次第 1冊 紙本墨書 南北朝時代(14世紀)

・新造屋東西蔵諸道具目録 1帖 紙本墨書 江戸時代・嘉永4年(1851)