念仏堂

Nembutsu-dō

重要文化財 鎌倉時代

●ねんぶつどう

鐘楼の東にある寄棟造の念仏堂は、もとは地蔵堂といわれ、鎌倉時代の建物であるが、錣葺(しころぶき)の屋根は元禄年間に改修されたものという。堂内には嘉禎3年(1237)に仏師康清が造った地蔵菩薩像(重要文化財)が泰然と安置されている。

お願い

堂内での撮影・スケッチ・懐中電灯の使用はご遠慮下さい。

  • 入堂・拝観料改定
  • 拝観時間・拝観料
  • » 境内案内図
  • » 大仏殿
  • » 法華堂(三月堂)
  • » 戒壇院千手堂
  • » 東大寺ミュージアム
  • » 南大門
  • » 二月堂
  • » 四月堂(三昧堂)
  • » 開山堂
  • » 不動堂
  • » 俊乗堂
  • » 行基堂
  • » 念仏堂
  • » 鐘楼
  • » 大湯屋
  • » 指図堂
  • » 勧進所
  • » 戒壇院戒壇堂
  • » 講堂跡
  • » 転害門
  • » 正倉院
  • » 総合文化センター金鐘ホール
  • » 総合文化センター図書館