年中行事一覧

Annual Event list

時刻
場所
行事
1月
1日
午前0時~
鐘楼
除夜の鐘

除夜の鐘

鐘が大きいので、先着順に8名づつ程の組になって綱をひくことになる(鐘木が約4.5mもあるので、これに8本の小綱を付けてそれをひいていただきます)。また、鐘は108回つきますので、800人余りの人が参加できるが、東大寺では人数分の記念の印刷物(整理券の代わり)を用意しており、この刷り物が配布し終わったところを順番待ちの行列の最後尾とする。なお、この整理券代わりの印刷物は、12月31日の22時半頃配布を始める予定(配布時間は人の出具合を見て決める為、前後する可能性有り)。

※整理券を手に入れても、列から離れて終了後に戻ってきた人は撞くことは不可

1日
午前0時~8時
大仏殿・二月堂
初詣

初詣

ポイント

中門の外、鏡池付近では「とんど」に火がつけられ(12月31日23時頃)暖を取ることができる。また、中門内側大仏殿参道両側の水路では篝火(かがりび)もたかれる。

東大寺大仏殿(元日)

元日の0時より大仏殿中門を開扉。1日の8時まで無料で参拝できる(元日のみ)。

また、大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができる。中門の基壇上から見上げるとちょうど窓の中に大仏さまのお顔を拝むことができる。

東大寺上院二月堂

※年末から、二月堂の観音様への、鏡餅のお供えを受付

除夜の頃から周辺の石灯籠にも点火される(大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで約135基、この他電灯の入った灯籠もあり)。

元日は0時より、本堂で観音経の読誦が行われる。
また、この時から3日間、二月堂内では万灯明を灯している。

ポイント

正月三が日は、万灯明料(1,500円)とお鏡料(2,000円)の受付があり、これを申し込むと1件に付き「坊雑券(ぼうぞうけん)」を1枚もらえる。 1月3日と5日の10時から、二月堂の本堂では「大般若(だいはんにゃ)」という法要が行われるが、この「坊雑券(ぼうぞうけん)」があると、法要の終了後(11時頃)、本堂北側の「北の茶所」でお雑煮をいただけます(13時半頃まで)。

7日
13時~
大仏殿
修正会

修正会(しゅしょうえ)

ポイント

法要は13時から約1時間40分。予め大仏殿内の霊名所というところで申し込んでおくと(1件1,000円、年末から受付)、この法要で祈願されたお札を送ってもらうことができる。

正月に祈修する法会

「修正会」は、正月に祈修する法会(ほうえ)という意味で、古くから諸大寺で営まれてきたもの。現在東大寺では、正月七日に金堂大仏殿でこの悔過(けか)の法会をお勤めしている。

「悔過」とは、礼仏して罪過を懺悔(ざんげ)することにより、「天下泰安」「風雨順時」「五穀成熟」「万民快楽」等を祈願することをいう。

8世紀中頃、官大寺等で行われていた「吉祥天悔過会」が「修正会」の源流であるともいわれているが、法華堂に安置されていた「国宝 吉祥天立像(塑像)」(※1)も、この「吉祥天悔過」の本尊だったのかもしれない。その後「吉祥天悔過会」は諸国の国分寺でも広く勤められるようになったが国分寺の衰退と共に廃絶し、かわって平安時代になると「薬師悔過」などが「修正会」として諸寺院諸堂で盛んに勤められるようになった。

東大寺でも、平安時代には講堂などで元日から7日間にわたって「修正会」が勤められ、また鎌倉時代になると大仏殿の主要な法会の一つにもなり、夜は舞楽が演ぜられるなど、厳粛で盛大な法会が営まれていた。しかし、応仁の乱から続く戦乱の時代をむかえるに至って、東大寺は伽藍の多くを焼失するとともに、この「修正会」も続けることが出来なくなってしまった。

現在営んでいる「修正会」は、江戸時代になって再興されたもので、正月7日に大仏殿で初夜・後夜の法要をお勤めしている。法要では、初夜導師作法・後夜導師作法が勤められ、後夜の作法の間には「散華」を唱和しながらの行道も行われる。後夜導師によって「歳(とし)の首(はじめ)の御法(みのり)をば、つとめ給へる験(しるし)には、牛玉(ごおう)宝印を額に賜りて、千歳(ちとせ)の栄とおもふべきものなりけり」と唱えられるが、この言葉には、「歳首の修正会は千歳の栄えを祈る」というこの法要を勤めるにあたっての願いがこめられているといえる。

また、大仏さまの宝前には「笠餅」と呼ばれる独特の積み方をした壇供(餅)が供えられる。これは修正会特有の供物で、三本の柱状に積まれた小餅の上に傘が覆うように大きな餅を乗せることからこのように呼ばれている。

※1:現在は東大寺ミュージアムに安置

2月
3日
10時~
二月堂
節分 万灯明、星祭

節分(せつぶん)

星曼荼羅

この日、二月堂では日中、「還宮(げんぐう)」「節分豆まき」が行われる。

古札揆遣 10時
豆まき 14時
星供養 18時

※例年の二月堂の舞台の上からの豆まきは行いません。
又、特設ステージからの豆まきと福豆・福鈴の配布も行いません。
福豆と福鈴の配布も致しません。

還宮(げんぐう)

還宮とは去年お祀りしたお札やお守り等を火にあげる儀式のことをいう。 10時頃から二月堂東南の飯道神社上の壇で還宮作法が厳修され、山のように積み上げられたお札に点火される。 年末から前日までに古くなったお札などを二月堂の受付に持参しておくと、還宮作法修法の上、浄火で焚き上げてもらうことができる(無料)。

節分の豆まき

4時頃、本堂内での法要の後、二月堂の舞台の上から豆まきが行われる。その後、二月堂下の法華堂前広場に設置された特設の舞台から参拝の方々のために豆や鈴がまかれ、お参りの方はこの広場で受けることになる。
例年の二月堂の舞台の上からの豆まきは行いません。又、特設ステージからの豆まきと福豆・福鈴の配布も行いません。福豆と福鈴の配布も致しません。福豆は二月堂本堂、福鈴は二月堂本堂・二月堂受納所・四月堂にて1月19日よりお求め頂けます。

星供養(ほしくよう)

星に「除災与楽」を祈る法会のことをいう。
東大寺では毎年二月の節分の日の夕刻、二月堂本堂に万灯明をともし、「星曼荼羅」を掲げてこの修法を勤める。

星供養では導師が星供(ほしく)の修法を行い、その間式僧が御祈祷を依頼された方々の名前を読み上げつつ、各々の当年星の真言を唱えてゆく。

万灯明の明かりのもと、修法のささやきと祈祷簿を繰る音だけが耳に届く物静かな法要で、風の間に奈良の町の社寺で行われる豆まきの声が聞こえてくることもある。

正月があけた頃から前日までに、二月堂受納所の受付で申し込んでおくと(1口1,000円)、この日祈祷したお札を後日送ってもらうことができます。

この日は、二月堂周辺の石灯籠にも火を入れる。
大仏殿参道の鏡池南にある常夜灯から二月堂周辺に至るまで、火をともす石灯籠は135基ほどある。

20日~末日
戒壇院
修二会 別火坊
3月
1日~15日
二月堂
修二会 本行

修二会(しゅにえ)

「お水取り」の名で知られる二月堂の修二会は、東大寺の開山良弁僧正の高弟であった実忠和尚が天平勝宝4年(752)に始めたもので、正式には十一面悔過法要と呼ばれる。

4月
8日
8時~
大仏殿
仏生会(花祭り・甘茶かけ)

仏生会(ぶっしょうえ)

法要:8時~9時過ぎ
甘茶かけ:8時過ぎ~15時頃

ポイント

法要後、大仏殿正面に設置された花御堂の誕生釈迦仏にお参りして甘茶を潅ぐことができます。またその傍らで、甘茶をいただくこともできます。
令和4年は行事の規模を縮小して実施致します。

東大寺の仏生会

釈尊誕生の日とされる4月8日に、東大寺ではその降誕を祝って仏生会を行う。仏生会は浴仏会・竜華会(りゅうげえ)ともいい、各地で行われるが寺によっては5月8日に行う所もある。

法要は惣礼の後、唄(ばい)・散華(さんげ)が唱和され、散華二段で散華衆が壇上を行堂する。散華が終わると導師が表白を読誦するが、その中には「降誕化益の恩徳を仰ぎ、香燈梵唄の供養を飾り、五部大乗の花緒を解いて、数輩同心の転読を致す。」という言葉があり、釈尊一代の教えを五部大乗経で代表させて、その恩徳をしのぶという趣旨であると考えられる。

仏生会のいわれ

各地寺院で行われる潅仏会では、花御堂といって、いろいろな花で飾った小堂を境内に設け、これに銅製の誕生仏の像を潅仏盤と呼ぶ水盤上に安置し、その頭上から僧侶や参詣者が竹の柄杓(ひしゃく)で甘茶を注ぐのが一般的である。

お釈迦様は摩耶夫人の右脇から生まれると、七歩すすんで右手を挙げて天を指し、左手を垂下して地を指し、「天上天下唯我独尊」と唱えられたといわれるが、誕生仏や誕生釈迦仏と呼ばれる仏像は、この姿をあらわしたもの。

誕生仏に甘茶を注ぐことについては、生まれたばかりのお釈迦様の体に、9頭の龍が天から清浄の水を吐きそそいで産湯をつかわせたといったり、竜王がお釈迦様の誕生を祝って甘露の雨を降らせたという伝説にちなんだものと思われるが、もともとは必ずしも甘茶ではなかった。

一方、花御堂のいわれについては、摩耶夫人(まやぶにん)がお釈迦様を出産されたのは、釈尊の父王(シュッドーダナ王・浄飯王:じょうぼんのう)の居城、迦毘羅城(かぴらじょう:ネパールのタライ地方)の東方にあった藍毘尼園(らんびにおん:ルンビニー園、離宮)の無憂樹の下であったとの伝説があり、花御堂は、これになぞらえたものであると考えられる。

また、竜王がお釈迦様の誕生を祝って甘露の雨と優曇華の花を空から降らせたという話にあてはめると、花御堂の花は竜王が降らせたという優曇華の花を模していると解釈することもできるようである。

花御堂を飾る花は各寺によって異なるようであるが、東大寺では花御堂の本体を緑の杉葉で覆い、馬酔木(あしび・あせび)の花と椿の花で荘厳している。

26日
日曜日の場合は
翌月5月26日
13時~
大仏殿
*日曜日の場合は翌月5月26日
仏法興隆 花まつり千僧法要
(主催:全日本仏教青年会、共催:南都二六会、東大寺)
5月
2日
8時~
13時~
午前:天皇殿
午後:大仏殿
聖武天皇祭

聖武天皇祭(聖武天皇慶讃法要 しょうむてんのうさい)

式衆・稚児による練り行列 13時~
大仏殿到着後「聖武天皇慶讃法要」
午後:舞楽・慶讃能(鏡池舞楽台)

ポイント

8時~11時半までの法要中、並びに法要後の午後2時までに限り天皇殿を屋外から参拝可能(無料)

「奈良の大仏さま」として知られる東大寺の盧舎那仏は、今から1250年以上前の奈良時代に、聖武天皇、良弁僧正、行基菩薩などをはじめとして、多くの人々の力の結集によって造顕された。

しかしこの盧舎那大仏造顕という国を挙げての難事業は、「若し朕が時に造り了るを得ざるあらば来世に於て身を改めて猶作らん」とまで述べられ、また自らを「三宝(“さんぼう”、或いは“みほとけ”)の奴(やっこ)と仕えまつる天皇(すめらみこと)」とさえ称された、聖武天皇の熱意と信仰心が原動力となってはじめて可能であったともいえる。

この法要は、 天平勝宝8年(756)に56歳で崩御された聖武天皇の御忌法要で、8時から、聖武天皇をおまつりしている天皇殿で論議法要が行われる(11時半頃まで)。

この法要中に限り、日ごろは公開されていない天皇殿を参拝することが出来る(南大門を越えてすぐの大仏殿参道東側、勅使門より入って突き当たり。ただし法要中なので建物の中へは入れない)。

また、13時から式衆・稚児などによる練り行列が行なわれる。行列は奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~を出発し、南大門を経て参道を大仏殿に向かう。(大仏殿内正面宝前で法要・献茶・献花が行われるので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることはできない。また、大仏殿内への参拝順路が変更されるので、ご了承願います。)

奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~の場所はこちら

ポイント

行列は、先駈(さきがけ)、楽人、稚児(約50名、同伴の母親等約50名)、物詣女(ものもうでおんな)、奈良市観光協会関係者、聖武講役員、僧兵、会奉行(えぶぎょう)、式衆(東大寺本山末寺の僧侶約50名、伴侍・傘もち約50名)、東大寺住職・侍僧等あわせて約250人からなる。

大仏殿到着後、「聖武天皇慶讃法要」が始まる。
一方、行列が大仏殿に近づいてくる頃(13時半頃)から、鏡池水上舞楽台で、南都楽所により舞楽が奉納される。その後、慶讃能が奉納され、自由に観覧できる。

3日
8時半~
11時~
佐保山御陵
大仏殿
山陵祭
献茶式(裏千家)

山陵祭(さんりょうさい)

※令和4年は行事の規模を縮小して実施致します。

8時半に大仏殿を出発し、東大寺一山の僧侶が聖武天皇をまつる佐保山御陵に参拝、再び大仏殿に戻って午前11時より裏千家による献茶式が行われる。 (大仏殿内正面宝前で法要と献茶が行われるので、この間、正面宝前の法要席には立ち入ることはできない。また、大仏殿内への参拝順路が変更されるので、ご了承願います。)

ポイント

献茶式終了後大仏殿東回廊の施茶席では、抹茶がふるまわれ、大仏殿を参拝された方は自由に席に入ることができる。近年は約4,000人分準備され、14時頃(準備された分が無くなる頃)に終了する。
※令和4年は抹茶の振る舞いは中止いたします。

7月
5日
8時~
俊乗堂
俊乗忌

俊乗忌(しゅんじょうき)

再建の大勧進職を務めた俊乗房重源

「俊乗忌」は、鎌倉時代に「造東大寺大勧進」として大仏殿をはじめ東大寺の伽藍を復興され、建永元年(1206)、86歳でその生涯を終えられた俊乗房重源上人の御忌にあたる法要。
源平合戦のさなかの治承4年(1180)、平重衡の軍勢が南都(奈良は北の京都に対して「南都」と呼ばれる)を攻めたが、その兵火のために、東大寺、興福寺をはじめとする南都の寺院のほとんどが焼失してしまった。

東大寺の大仏殿は、二階に逃げ込んでいた1,700人にも及ぶ人々とともに焼け落ち、大仏さまも見る影もなく損壊する惨状となった。

翌養和元年(1181)8月、朝廷から「造東大寺大勧進職」に任ぜられた重源は、諸国を勧進して寄進を募るとともに、源頼朝公らの協力を得、宋人陳和卿(ちんなけい)らをもちいるなどして大仏さまを修復・鋳造し、文治元年(1185)には後白河法皇を導師として大仏さまの開眼供養を行なった。
大仏殿・南大門をはじめとする東大寺伽藍の復興は、用材を周防国(今の山口県)から運ぶなど困難を極めたが、建久6年(1195)には源頼朝公の参列を得て大仏殿落慶供養を、また建仁3年(1203)には後鳥羽上皇の行幸を仰いで東大寺総供養を行なうことができた。
「俊乗忌」の法要が行なわれるお堂は「俊乗堂」という。ここは鎌倉時代初期に重源上人によって創建された浄土堂があったところで、現在の俊乗堂は、浄土堂が永録10年(1567年)の兵火で類焼した後、元禄年間に公慶上人が重源上人の功をたたえ菩提を祈るためにここに建てたもの。本尊として重源上人坐像(国宝)が安置され、阿弥陀如来立像(釘打の弥陀、快慶作・重文)、愛染明王像(重文)が安置されている。
28日
8時~
大仏殿
解除会(茅の輪くぐり)

解除会(けじょえ)

ポイント

7月初め頃より大仏殿内霊名所で予め申し込んでおくと、この日の法要で祈願されたお札を送ってもらうことが出来る(1口1,000円以上)。

盧舎那仏に健康を祈願

解除会は、わが国で古来より行われていた六月の晦(みそか)の「夏越(なごし)の祓(はらえ)」や「水無月祓(みなつきはらえ)」と深い関係がある法会である。

秋の初めに毎年流行する疫病を防ぐために、東大寺別当律師道義が延喜元年(901)3月に奈良の諸大寺に呼びかけ、同年6月28日より始めた法会で、七大寺の僧240〜250人、楽人60人余りを講堂に集めて行われたと伝えられる。

当初は観音の画像を新写して除疫を祈願し、解除と大書した御幣を二本作って講堂の前庭に立てたといわれ、東大寺の講堂が焼失してからは、一時は食堂(じきどう)で、或いは大仏殿内の如意輪観音を本尊として勤められてきた。この解除会は、応仁・文明の乱以後一時中絶したものの、江戸時代に再興され、今日では毎年7月28日、大仏殿で盧舎那仏(大仏さま)を本尊として勤められている。
8月
7日
7時~
一般入堂 7時半〜
大仏殿
大仏さま お身拭い

大仏さま お身拭い(おみぬぐい)

大仏さまのお身体を清掃

120人程の僧侶や関係者が、早朝より二月堂の湯屋で身を清め、白装束に藁草履姿で大仏殿に集合、7時より撥遣作法が行われた後、全員でお経を唱え、年に一度の大仏さまの「お身拭い」を始める。
お身拭いの間に、過去1年間に皆さまから奉納された写経や写仏を大仏さまの胎内にお納めする。
9時半頃には終了。そのあと、大仏殿の消防設備の放水訓練などが行われる。
9日
二月堂
功徳日(およく)
万灯明、福引
13日〜14日
19時~21時
大仏殿
夜間参拝

夜間参拝

15日
19時~21時
大仏殿
万灯供養会

万灯供養会(まんとうくようえ)

※令和4年は19時~21時(1時間短縮)の開門、灯籠の設置は中止いたします。

注意

令和4年は、大仏殿は17時30分には閉門せず、21時まで拝観できます。
授与所、霊名所は閉所致しますので、お守りと御朱印等の授与はできません。

ポイント

大仏殿のまわりに2,500基ほどの灯籠が並べられる。灯籠1基の中に4つの明かりを入れるので、灯明の数は約1万になる。

▼ご注意ください
灯籠・祈願のお申し込みをされていない方の入堂は有料(通常拝観料)です。お申し込みの方は、事前にお送りする入堂参拝券でお入りいただけます。

御祈祷のお申し込みはこちら

大仏殿正面の観相窓から大仏様のお顔を拝顔することができる

東大寺大仏殿では、盂蘭盆(うらぼん)の最終日、8月15日の夜、大仏さまにたくさんの灯籠をお供えして、万灯供養会を厳修する。大仏殿の万灯供養会は、お盆に帰省できない方々にもせめて御先祖の供養をしていただけるようにという趣旨で、昭和60年から始められた。

当日は19時から22時までの間ご参拝いただけるので、参道などに並んだ約2,500基の灯籠に灯が入った幻想的な雰囲気を味わっていただくことができる。また大仏殿正面の観相窓(かんそうまど・桟唐戸)が開いて、大仏さまのお顔が灯火に浮かび上がるさまを参道から拝んでいただくこともできる。
灯籠・祈願のお申し込み・お問い合わせは、下記リンクで送付先等を入力して下さい。
9月
17日
18時~
二月堂
十七夜・十七夜盆踊り

十七夜・十七夜盆踊り(じゅうしちや)

※令和4年は万灯籠・盆踊り(夜店も)は中止いたしますが、堂内の万灯明受付はございます。堂内万灯明・十七夜万灯明法要は通常通り厳修いたします。

ポイント

法要後、河内音頭・江州音頭による盆踊りが開催される。

毎月17日は観音様の縁日で、特に旧暦8月17日は「十七夜(じゅうしちや)」と呼ばれ、昔から各地の観音霊場で様々な法要や催しが行われてきた。東大寺の二月堂でも、毎年9月17日、堂内に万灯明をともし、本堂周辺にも万灯籠を配置して「十七夜」の法要をお勤めしている。またこの日は、二月堂下の広場で、河内音頭・江州音頭による「十七夜盆踊り」も開催される。
二月堂の「十七夜盆踊り」は平成5年に復興されたもので、自由に参加することが出来る。奈良ではこの「十七夜盆踊り」が「盆踊りの踊り納め」であったといわれる(「関西の踊りじまい」とも)。二月堂本堂での18時からの法要に引き続き、盆踊りは18時半から21時頃まで行われる。
当日は早朝から20時頃まで二月堂本堂内に万灯明がともされ、夕刻には二月堂参道の石灯籠(大仏殿参道鏡池南の常夜灯から二月堂周辺に至るまで130基あまり)にも火が灯される。また、二月堂本堂周辺には、500基前後の願い事や絵を描いた万灯籠が配置され、その灯火(ともしび)によりお堂が美しく荘厳される(18時頃~21時頃)。
10月
5日
10時頃~
八幡殿・公慶堂
15日
10時~
大仏殿
大仏さま秋の祭り
献茶式(表千家)
15日
13時半~
鏡池舞楽台
慶讃能
12月
14日
8時半~12時
二月堂
仏名会

仏名会(ぶつみょうえ)

写真:木村昭彦

ポイント

御祈願のお申し込みはその年の11月末日までに二月堂へ。
(東大寺二月堂受納所:電話・FAX 0742-22-3386)

仏名会は、12月中旬の3日間、「過去」「現在」「未来」の三世諸仏の仏名を唱え、その年に犯した罪障を懺悔(さんげ)し、滅罪生善を祈る法会。古くは奈良時代に宮中で仏名を唱える法会が行われたと伝えられる。平安時代には宮中恒例の仏事となり、その後、諸国の寺院などでも勤められるようになったという。

東大寺二月堂で現在勤められている「仏名会」は、途絶えていたものを大正年間に再興したもの。12月14日、薬師如来(過去)・釈迦如来(現在)・阿弥陀如来(未来)を主尊とするそれぞれ一千の仏像を描いた大きな掛け軸を三本、二月堂礼堂正面に掲げて、その前で「過去」「現在」「未来」いずれかの一千仏に、僧侶が礼拝を行う。したがって、三年がかりで、「過去」、「現在」、「未来」の三千仏を巡ることになる。

この一千仏への礼拝は、仏名を唱えながら、1回毎に、両膝・両肘・額の五体を畳にすりつけては立ち上がる礼拝が基本で、特に下座の者は忠実に実践することが求められ、年によっては千返礼拝(せんべんらいはい)を行う若い僧侶の体から立ち上る湯気が格子越しにうかがえるほどである。先導して仏名を唱える導師の役は、管長以下の僧侶10人が順次正面仏前へ出て100回ずつ分担することになっている。

この一千仏の仏名等を唱える節回しは独特で、末座の者が礼拝するたびに献ずるお香の香りや、山茶花(サザンカ)の花の色あいとともに、風情があり印象深い。山茶花の花は、二つ並べ置かれた三方(さんぼう)の片方に 二百個盛られており、一度礼拝するたびに他方の三方に移されてゆく。山茶花の花の盛り具合で仏名の数の進み具合が見て取れる。

16日
8時半~
開山堂
16日
18時~
開山堂
方広会
堅義がある時は、法華堂