特集展示 戒壇院 

令和4年5月11日(水)~6月30日(木)

 仏教において戒を授かる儀式を行う場所を戒壇といいます。天平勝宝6年(754)に唐から来日した鑑真和上によって受戒の厳格な儀式が伝えられ、日本で初めて常設の戒壇が東大寺に作られました。その場所が大仏殿の西に位置する戒壇院です。その後、戒壇院は三度火災にあいますが、そのたびに復興されました。

 鑑真和上の忌日(6月6日・旧暦5月6日)の時期に合わせて、鑑真和上の肖像画や戒壇院に関係する記録類を展示いたします。


展示品〉

・鑑真和上像    紙本著色 江戸時代(17〜18世紀)

・東大寺戒壇院年中行事  紙本墨書 室町時代(15世紀)

・東大寺年中行事記(享保16年~17年)  紙本墨書 江戸時代・享保16~17年(1731〜32)

・戒壇院如法律儀第三興隆録  紙本墨書 江戸時代(18世紀)