古美術からみる 東大寺の美

第17回 ザ・グレイトブッダ・シンポジウム(GBS)

日時:平成30年11月24日(土)・25日(日)
会場:東大寺総合文化センター・金鐘ホール 

テーマ「明治時代の東大寺 ─近代化がもたらした光と影─」

第一日目

(13:30-17:00 / 12:30 開場)


13:30 開会の挨拶 狹川普文(華厳宗管長・東大寺別当)

13:40 基調講演 「近代仏教の見直しと東大寺」
    島薗進(上智大学)

15:10~15:20 休憩

15:20 特別講演 「明治期における神仏分離と修験道」
    田中利典(金峯山寺)

16:20 特別講話 「東大寺に残る神仏習合」
    狹川宗玄(東大寺長老)


第二日目

午前の部 (10:00~17:00 / 9:30 開場)


10:00 研究報告(1)「明治新政府の仏教政策とその波及について」
    谷川穣(京都大学)

11:00 研究報告(2)「文化財写真の資料的意義 ─明治時代の奈良の調査を中心に─」
    田良島哲(東京国立博物館)


午後の部 (12:00 ~17:00)

13:00 研究報告(3)「近代南都と奈良博覧会」
    黒岩康博(天理大学)

14:00 研究報告(4)「近世近代移行期の東大寺 ─組織と寺宝管理を中心に─」
    坂東俊彦(東大寺史研究所)

15:00~15:20 休憩

15:20 総合討論 司会 吉川聡(奈良文化財研究所)

16:45 閉会の挨拶 上司永照(東大寺教学執事)


 ※時間は前後する可能性があります。あらかじめご了承ください。

▲ページトップに戻る