境内のご案内

東大寺トップページ > 境内のご案内 > 大仏殿

東大寺大仏殿

国宝建造物


創建から2度にわたって焼失、鎌倉と江戸時代に再建された。江戸期には柱とする材が調達できず、芯となる槻(つき)を檜板で囲い、鉄釘と銅輪で締めて柱とした。そのため、創建時に11間(けん、86m)あったが7間(57m)となった。現在でも世界最大級の木造建築であるが、往時の壮大さがうかがえる。 毎年、大晦日から元旦に正面唐破風(からはふ)下の観相窓が開かれ、大仏尊像のお顔を外から拝しながら新年を迎えることができる。
平成24年に大仏殿内、廻廊、霊名所、授与所の照明装置を全てLED化。
消費電力は8分の1、熱や紫外線も殆んど出なくなりました。

お願い

廻廊内、大仏殿内での撮影は自由ですが、三脚の使用はご遠慮下さい。

その他、お問い合わせがございましたら、下記までお尋ねください東大寺寺務所 TEL. 0742-22-5511(代表)

お問い合わせフォームもご利用いただけます。>>>

▲ページトップに戻る