東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り
~併せて疫病流行の終息を祈って〜

2011年の東日本大震災発生以降、鶴岡八幡宮と東大寺は宗教の垣根を越え、犠牲となられた多くの御霊の安らかならんことと、一日も早い被災地の復興を祈り、合同の祭事・法要を毎年行っております。

2021年は11月23日(火・祝)17時より、新型コロナウイルス禍の状況を鑑み、昨年同様、鶴岡八幡宮・東大寺の2箇所から、時間を同じくして祭事・法要を実施し、皆様と心を一つにして共にお祈りいたしました。 当日のリモート動画は以下のバナーまたはQRからご覧いただけます。