お知らせ一覧
11月毎週金曜「大仏殿夜間特別拝観」※9/30更新
奈良市では、11 月の週末を中心に秋の夜を満喫できる催し「秋夜の奈良旅」が開催されます。
東大寺大仏殿では11月の毎週金曜日に大仏殿の拝観時間を20:00まで延長し、「夜間特別参拝」を行います。
18:00 ~ 新型コロナウイルス終息祈願法要
18:30 頃~19:00頃 大仏様への奉納演奏 が行われ、特別な雰囲気のなかご参拝いただけます。
20:00 閉堂
大仏殿内の霊名所での御朱印やお守りの購入は可能
詳細につきましてはこちら(奈良市観光協会HP)をご覧ください。
「孝謙天皇千二百五十年御遠忌法要」厳修※9/24更新
本年は、当寺本願のお一人である孝謙天皇の千二百五十年の御遠忌にあたります。
孝謙天皇は、当寺本願聖武天皇と光明皇后の間に皇女として誕生され、天平勝宝元年に父帝の後を承けて即位されました。以後当寺造営に尽力され、天平勝宝四年の大仏開眼会には、時の天皇として御臨席されました。後に重祚して再び国政を執られ、西大寺を御創建されるなど、その御生涯を通じ常に「鎮護国家」「仏法興隆」に御心を砕かれてこられました。
東大寺ではこの度、盧舎那仏造顕発願の嘉日を撰み、下記の通り孝謙天皇千二百五十年御遠忌法要を厳修し、尊霊の菩提を弔いたいと存じます。
折しも、国難ともいえる新型コロナウイルス感染症流行の中、一部行事を縮小せざるを得ないのは甚だ遺憾ではございますが、鎮護国家はもとより世界の安寧のためコロナ禍終息も皆様と共にお祈りできれば幸いに存じます。

「孝謙天皇千二百五十年御遠忌法要」行事
 日 時:10月15日(木)午前9 時45分より 練り供養 (本坊天皇殿出発/雨天中止)
              午前10時~午前11時半頃 孝謙天皇千二百五十年御遠忌 華厳経講讃法要(大仏殿)
 ※例年の「盧舎那仏造顕発願慶讃法要」で行われています表千家様による献茶の儀、華厳茶会、慶讃能は中止
 日 時:10月16日(金)午前10時 孝謙天皇山陵祭(孝謙・称徳天皇高野陵/雨天中止)
 ※山陵祭は本山僧侶のみで実施
※秘仏開扉※勧進所:八幡殿、阿弥陀堂(公慶堂は改修工事の為、公開中止)
日時:10月5日(月)法要終了後(午前10頃)~16:00
場所:勧進所 八幡殿 僧形八幡神坐像 詳細につきましてはこちらをご覧ください。
    勧進所 阿弥陀堂 五劫思惟阿弥陀如来 詳細につきましてはこちらをご覧ください。
※公慶堂は改修工事の為、公慶上人坐像公開中止いたします。   

ページTOPに戻る