お知らせ一覧
※重要※
東大寺法華堂・戒壇堂等の拝観再開について※6/12更新
東大寺では、「新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言」の解除に伴い、6月1日(月)より大仏殿の拝観を再開しておりますが、続いて6月15日(月)より諸堂の拝観を再開することと致しました。

大仏殿同様、拝観再開に当たり、ご参拝の皆様には以下のご協力をいただきます。
 ・アルコール消毒液による手指の消毒
 ・廻廊・堂内でのマスク着用
 ・他の参拝者及び東大寺職員等との距離の確保
 ・おみくじ等の利用停止や柱のくぐり抜けの使用停止

加えて、以下の措置により、三密を避ける形でお参りいただきます。
 ・拝観時間の短縮(大仏殿は解除)
 ・一時間当たりの堂内(廻廊内)拝観者数の制限
 ・最大限の換気

6月15日(月)より諸堂の拝観変更内容につきましてはこちらをご覧ください。
※重要※
解除会厳修(7/28)及び、御祈願申込
わが国で古来より行われていた「夏越の祓」や「水無月祓」と深い関係がある法会で、疫病を防ぐため、大仏殿北側の講堂で延喜元年(901年)6月28日から始められたと言われています。現在は大仏殿で行われ、法要終了後9時頃より「茅輪くぐり」をしていただけますが、本年に限り、新型コロナウイルス禍を踏まえて8月8日まで延長いたしいます。
7月初旬より霊名所(大仏殿内)にて申込をされますと、当日の法要で祈願されたお札をお送り致します。また、遠方からお越し頂けない方のために、解除会の御祈願を郵送でも受け付けております。こちら から申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、祈願料(一口千円以上)と併せて下記宛にお送りください。(7/26必着)

<御祈願申込送付先>
〒630-8587
  奈良市雑司町406-1
  東大寺 大仏殿 解除会係

解除会についての詳細はこちら をご覧ください。
戒壇堂の拝観停止と千手堂特別公開のご案内(更新R2/1/4)
東大寺戒壇院戒壇堂は保存修理及び耐震化工事のため、令和2年7月1日より約3年間拝観受付を一時停止しています。この間、四天王立像は東大寺ミュージアムにて拝観頂けます。文化財保護のため、ご協力をお願い申し上げます。
拝観停止となる戒壇堂に代り、通常非公開の戒壇院千手堂(戒壇堂西隣)を令和2年7月4日より特別に公開します。
■拝観:厨子入千手観音像・四天王像・鑑真和上像(いずれも重要文化財)ほか
■期間:令和2年7月4日~約3年間予定(但し2月15日~3月5日は拝観停止
■時間:8時30分~16時(毎月6日は法要後10時頃より)
■料金:600円(中学生以上)/300円(小学生)
千手堂の歴史につきましてはこちらをご覧ください。

ページTOPに戻る