お知らせ一覧
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言解除に伴う拝観再開について※6/12更新
東大寺では、「新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言」の発出を受け、4月24日から大仏殿を含む諸堂の拝観を停止しておりましたが、5月14日の宣言解除に伴い、6月1日(月)より大仏殿の拝観を再開 することと致しました。

拝観再開に当たり、ご参拝の皆様には以下のご協力を頂きます。
 ・アルコール消毒液による手指の消毒
 ・廻廊・堂内でのマスク着用
 ・他の参拝者との距離の確保
 ・おみくじの利用停止や柱のくぐり抜けの使用停止

加えて、以下の措置により、三密を避ける形でお参り頂きます。
 ・拝観時間の短縮
 ・一時間辺りの堂内(廻廊内)拝観者数の制限
 ・最大限の換気

更に、上記の方法で問題なくご参拝して頂けることが確認できれば、大仏殿以外の諸堂においても6月15日(月)より拝観の再開を予定しています。詳しくはこちらをご覧ください。

なお、ご承知の通り、東大寺では新型コロナウイルス禍の一日も早い終息を祈るとともに、罹患された方々の快復、更には亡くなられた方々の供養のため、4月1日から毎日正午に大仏殿で僧侶が読経を勤めており、多くの方々が様々な場でこの祈りに加わってくださるよう、呼びかけもさせていただいております。この祈りについては6月1日以降も引き続き行いますが、拝観再開となる節目の6月1日正午には一山僧侶で厳修致します。

また、4月11日より継続していた大仏殿内のインターネット中継も、この6月1日正午の法要をもって終了となりますので、合わせてお伝えします。

そして、通常の形で皆さまにお参りいただける日が一日も早く訪れるよう、東大寺としても可能な限り務めて参ります。

ページTOPに戻る