お知らせ一覧
※重要※
戒壇堂保存修理及び耐震化工事による拝観停止とそれに伴うご案内
東大寺戒壇院戒壇堂は保存修理及び耐震化工事のため、令和2年6月30日(火)で拝観を一時停止します。停止の期間は、前後する可能性がありますが約3年の予定です。これに伴い、以下の措置を講じます。

1.四天王立像を東大寺ミュージアムへ安置し、7月23日よりミュージアム展示室内で拝観していただきます。
 7月1日より22日までは拝観できません。
2.拝観停止となる戒壇堂に代り、通常非公開の戒壇院千手堂を7月4日より特別に公開します。

文化財保護のためご協力をお願い申し上げます。
特集展示 二月堂修二会(2/4~3/22)
3月1日から14日間、二月堂で修二会が行われます。この法会は、二月堂の本尊・十一面観音に日常の罪を懺悔し、天下奉安、五穀豊穣などを祈るものです。旧暦2月に行った法会のため「修二会」といい、本尊に供える水(香水こうずい)を汲む独特な作法から「お水取り」と呼ばれています。天平勝宝(752)に創始されてから一度の中断もなく、修二会は「不退行法」(ふたいのぎょうぼう)として毎年続けられてきました。本年は再建された二月堂で修二会が行われてから350年目にあたりますので、再建に使われた図面や当時の日記を東大寺ミュージアムにて展示いたします。詳細はこちらをご覧ください。

〈ミュージアム割引チケットのご案内〉
特集展示の開催期間中に限り、奈良国立博物館の入館券(特別陳列「お水取り」及び特別展「毘沙門天-北方鎮護のカミ-」)の半券をお持ちの方は、東大寺ミュージアムを団体料金でご覧いただけます。
また、東大寺ミュージアムの入館券(セット券を含む)の半券をお持ちいただくと、奈良国立博物館特別陳列「お水取り」が団体料金でご覧になれます。
「東日本大震災慰霊法要」厳修(3/11)
震災発生時刻、午後2時46分には鐘楼の大鐘が撞かれます。殿内では午後2時半から 式衆により理趣経での法要を厳修し、震災により犠牲になられた方々を追悼慰霊し、被災地復興を祈願いたします。お席などのご用意は致しませんが、殿内にて廻向合掌していただければと存じます。

ページTOPに戻る