★重要 3月12日の修二会「お松明」に来られる方へ

「お松明」は修二会の期間中毎日ありますが、3月12日については、非常に混雑して危険なため、入場規制が行われます。また当日は、午後4〜5時より午後9時まで、周辺道路の交通規制も実施され、自動車での進入が出来なくなりますので、ご了承ください。

東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によってはじめられたと伝えられます。以来一度も途絶えることなく続けられ、平成13年(2001)には1250回を数えました。

 この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて
「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。

 行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされ、参集した人々をわかせます。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになりました。

 12月16日(良弁僧正の命日)の朝、翌年の修二会を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が発表され、明けて2月20日より別火(べっか)と呼ばれる前行が始まり、3月1日からの本行に備えます。そして3月1日から14日まで、二七ヶ日夜(二週間)の間、二月堂に於て修二会の本行が勤められます。

 「修二会」の法要は、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)を本尊とし、「天下泰平(てんかたいへい)」「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」「万民快楽(ばんみんけらく)」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要となります。




『東大寺修二会 お水取りの声明』
修二会の主な声明の内容を解説した 『東大寺修二会 お水取りの声明』(発行東大寺) の改訂版が平成16年2月に発行されました。東大寺二月堂でも販売いたしておりますが、遠方の方は、東大寺寺務所(電話0742-22-5511)までお問い合わせ下さい。本体1200円+送料でお送りできます。




修二会の日程

12月16日 翌年修二会参籠の練行衆発表
2月12日 新入習礼
2月15日 新入・新大導師別火入り
2月18日 二月堂にて修二会で使用する灯明油の「油はかり」
2月20日 戒壇院別火坊にて試別火(ころべっか)はじまる
2月25日 戒壇院別火坊にて惣別火(そうべっか)はじまる(閏年は26日)
3月1日〜3月14日 二月堂にて修二会本行
3月15日 満行



お松明の開始時刻や本数

開始時刻・本数 備  考
3月1日〜11日
3月13日
午後7時
10本
約20分間
(土曜・日曜は特に混雑が予想されます。)
3月12日 午後7時30分
11本
約45分間 ・ 奈良公園周辺の交通規制、二月堂付近への入場規制有り
(ニュースなどをごらんになって、お松明は、「お水取り(翌朝午前一時半頃)」の行われるこの日だけしか見られないと思っておられる方が多く、この日は大混雑が予想されます。このため、お松明を見ていただくことが出来ない場合があることをご承知下さい。また、当日は
警察・機動隊の規制・誘導に従ってください。)
3月14日 午後6時30分
10本
約5分間。短い間隔でお松明が連続して上ってゆきます。
(混雑が予想されます。)


★重要 3月12日の修二会「お松明」に来られる方へ

「お松明」は修二会の期間中毎日ありますが、3月12日については、非常に混雑して危険なため、入場規制が行われます。また当日は、午後4〜5時より午後9時まで、周辺道路の交通規制も実施され、自動車での進入が出来なくなりますので、ご了承ください。

index 


_/_/_/  Copyright  ・  (宗)東大寺  All rights reserved.   _/_/_/
〒630-8587 奈良市雑司町406-1 東大寺 TEL 0742-22-5511 FAX 0742-22-0808