秘仏開扉

秘仏

国宝 俊乗房重源上人坐像(しゅんじょうぼうちょうげんしょうにんざぞう)東大寺を鎌倉期に復興した

開扉毎年  7月5日(有料)
   12月16日(有料)
 国宝
制作年代鎌倉時代(13世紀)
像高81.8cm
制作材質木造 玉眼  彩色
安置場所俊乗堂

本像は、東大寺の鐘楼脇に建つ俊乗堂に安置されている。俊乗房重源上人は、治承四年東大寺炎上後の復興事業にあたり、諸国を普く勧進し、その功を遂げた人である。建久六年(1195)、三月十二日、天皇行幸の下に、供養を営み建永元年(1206)に入滅した。

この像は、その菩提を弔うために弟子等が造立したと伝えられている。制作年代は、建永元年を余り隔たらぬ頃のものであろう。作者は不明であるが、その優れた写貌の手法より考え、また、鎌倉初期の仏師達の活動の中心地であった東大寺と俊乗上人との関係からしても、康慶一派の第一流の彫刻家の手になったことは、想像に難くない。保存状態は、たいへん良好である。

お願い
堂内での撮影・スケッチ・懐中電灯の使用はご遠慮下さい。

→俊乗堂の場所はこちら境内案内図

▲ページトップに戻る