秘仏開扉

秘仏開扉について

開扉日場所秘仏名時間など
7月5日俊乗堂俊乗房重源上人坐像(国宝)
阿弥陀如来立像(重文)
愛染明王坐像(重文)
俊乗忌法要終了後
(11時頃~16時頃まで/有料)
10月5日勧進所八幡殿僧形八幡神坐像
(秘仏・国宝)
転害会終了後
(10時頃~16時頃まで/有料)
あわせて、勧進所阿弥陀堂の「五劫思惟阿弥陀坐像」及び、公慶堂の「公慶上人坐像」も拝観可能
公慶堂公慶上人坐像(重文)八幡殿での法要終了後
(10時頃~16時まで/有料)
公慶上人坐像(重文)拝観可能
12月16日開山堂良弁僧正坐像
(秘仏・国宝)
開山堂月例寺役法要終了後
(10時頃~16時頃まで/有料)
法華堂執金剛神立像(秘仏・国宝)入堂料:有料
10時前~16時
俊乗堂俊乗房重源上人坐像(国宝)
愛染明王坐像(重文)
阿弥陀如来立像(重文)
入堂料:有料
9時~16時

【重要】 秘仏等の特別開扉 一部変更のお知らせ

2019年より、秘仏等の特別開扉の入堂料を600円に改定いたしました。なお、特別開扉の入堂料はこれまで全額を東日本大震災の義援金に充てておりましたが、2019年の入堂料改定より諸堂の入堂料と同じ扱いにさせていただいております。また、2018年までは公慶堂を年2回、4/12と10/5に公開しておりましたが、2019年より年1回、10/5のみの公開へと変更させていただきます。ご参拝の皆様には、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

▲ページトップに戻る