年中行事

解除会(けじょえ) 東大寺

除夜の鐘

7月28日 8時~
大仏殿

ポイント
7月始めころより大仏殿内霊名所で予め申し込んでおくと(1口1000円以上)、この日の法要で祈願されたお札を送ってもらうことが出来る。また、この日は法要後、大仏殿内に設置された茅の輪をくぐって参拝する事が出来る

盧舎那仏に健康を祈願

茅の輪をくぐり

解除会(けじょえ)は、わが国で古来より行われていた六月の晦(みそか)の「夏越(なごし)の祓(はらえ)」や「水無月祓(みなつきはらえ)」と深い閑係がある仏会。

延喜元年(901)三月に東大寺別当律師道義が秋の始めに毎年流行する疫病を防ぐために、奈良の諸大寺に呼びかけて、同年六月二十八日より始めた法会で、七大寺の僧二百四、五十人、楽人六十余人を講堂に集めて行われたと伝えられる。

当初は観音の画像を新写して除疫を祈願し、解除と大書した御幣を二本作って講堂の前庭に立てたといわれ、東大寺の講堂が焼失してからは、一時は食堂(じきどう)で、或いは大仏殿内の如意輪観音を本尊として勤められてきた。この解除会は、応仁・文明の乱以後一時中絶したものの、江戸時代に再興され、今日では毎年七月二十八日、大仏殿で盧舎那仏(大仏さま)を本尊として勤められている。

法要は、出仕する僧侶が直径2m余の大きな茅の輪をくぐり、8時より始まる。

→大仏殿の場所はこちら境内案内図

▲ページトップに戻る