年中行事

節分(せつぶん) 東大寺

節分(せつぶん) 東大寺

2月3日
古札揆遣 10時
豆まき 14時
星供養 18時

この日二月堂では日中、「還宮(げんぐう)」「節分豆まき」が行われる。

ポイント
年末から前日までに古くなったお札などを二月堂の受付に持参しておくと、還宮作法修法の上、浄火で焚き上げてもらうことができる(無料)。

還宮(げんぐう)

還宮とは去年お祀りしたお札やお守り等を火にあげる儀式のことをいう。
10時頃から二月堂東南の飯道神社上の壇で還宮作法が厳修され、山のように積み上げられたお札に点火される。
年末から前日までに古くなったお札などを二月堂の受付に持参しておくと、還宮作法修法の上、浄火で焚き上げてもらうことができる(無料)。

節分豆まき

14時頃、本堂内での法要の後、二月堂の舞台の上から豆まきが行われる。その後、二月堂下の法華堂前広場に設置された特設の舞台から参拝の方々のために豆や鈴がまかれ、お参りの方はこの広場で受けることになる。

星供養(ほしくよう)

星に「除災与楽」を祈る法会のことをいう。
東大寺では毎年二月の節分の日の夕刻、二月堂本堂に万灯明をともし、「星曼荼羅」を掲げてこの修法を勤める。

星供養では導師が星供(ほしく)の修法を行い、その間式僧が御祈祷を依頼された方々の名前を読み上げつつ、各々の当年星の真言を唱えてゆく。

万灯明の明かりのもと、修法のささやきと祈祷簿を繰る音だけが耳に届く物静かな法要で、風の間に奈良の町の社寺で行われる豆まきの声が聞こえてくることもある。
正月があけた頃から前日までに、二月堂受納所の受付で申し込んでおくと(1口1000円)、この日祈祷したお札を後日送ってもらうことができます。

この日は、二月堂周辺の石灯籠にも火を入れる。
大仏殿参道の鏡池南にある常夜灯から二月堂周辺に至るまで、火をともす石灯籠は135基ほどある。

▲ページトップに戻る